カテゴリー: チリのワイナリー

評価が高いプレミアムチリワインを手掛けるワイナリー「モンテス」

「モンテス」ってどんなワイナリー?

モンテスはチリ産ワインの評価を上げたワイナリーの一つです。
1988年に、アウレリオ・モンテスというワイン醸造家を中心として設立されました。

ヨーロッパとの繋がりが深いワイナリーが多い中、モンテスはチリ人のみで設立された点でも注目を集めました。

セントラル・バレー地方を中心にブドウ栽培やワイン生産を行っていますが、アコンカグア地方にも畑を所有しています。

ワイン専門雑誌などでも高い評価を受けているモンテス。
有名レストランや航空会社なども続々と採用。

レストランはヨーロッパの一流店、航空会社はファーストクラスにモンテスを採用しています。

最新の設備や技術を貪欲に取り入れているのもモンテスの特徴です。

より効率的かつ合理的なブドウ栽培とワイン醸造によって、コストパフォーマンスの良いワインを作り上げています。

モンテスは赤ワインも白ワインも、そしてスパークリングワインも手がけています。

「モンテス」が手掛けるチリワインについて

画像引用元:https://www.enoteca.co.jp/item/list?_producer=59

モンテスはいくつかのシリーズを展開し、独自のワイン文化を作り上げようとしているようです。
その中から、特に人気が高いワインをご紹介します。
・モンテス・クラシック・シリーズ・カベルネ・ソーヴィニヨン
・ヴィラ・モンテス シャルドネ

この2つはモンテスの中でも低価格で美味しいと評判のワインです。

モンテス・クラシック・シリーズ・カベルネ・ソーヴィニヨン

モンテスの中のクラシックシリーズの一本です。
カベルネ・ソーヴィニヨンを使い、わずかですがメルローもブレンドされています。

果実の甘さがしっかりと感じられながらも、タンニンや酸味もバランスよく味わうことができます。

とても上品な口当たりが特徴で、長期間寝かせなくてもリッチでバランスの良い風味を楽しむことができるでしょう。

ミディアムボディタイプの赤ワインなので、普段赤ワインをあまり飲まない人でも美味しくいただけるはず。
赤ワイン入門にもぴったりな一本となっています。

価格も非常に安く、1,000円前後。
一度飲んでみれば、この価格の安さに驚くでしょう。

ヴィラ・モンテス シャルドネ

ヴィラ・モンテス シャルドネはシャルドネのみを使用して作られた白ワインです。

辛口タイプではあるものの、非常にコクがあり飲みやすいのが魅力です。
ブドウの果実味がしっかりと感じられ、スッキリとした口当たりと一緒に、とても爽やかな味わいが広がります。

その中にほのかに香るトロピカルフルーツのような甘い匂い、バニラやバターにも似たまったりとした香りが、スッキリとした爽やかな味わいにボリューム感を与え、飲みごたえを生み出してくれます。

何度も口にしたくなるこの白ワインは、1,500円ほど。
高級感のあるボトルとラベルからは想像もできないほど安い価格で手に入れることが可能です。

「モンテス」のまとめ

  • 1988年に4人のチリ人で成立されたモンテスのワインは、世界中のレストランや航空会社で採用されるほど人気
  • コストパフォーマンスに優れたモンテス・クラシック・シリーズ・カベルネ・ソーヴィニヨンは初心者にぴったりな赤ワイン
  • 味と香りで楽しませてくれるヴィラ・モンテス シャルドネはボトルやラベルも高級感あり

高品質なチリワインを造り続けるワイナリー「ヴィーニャ・エラスリス」

「ヴィーニャ・エラスリス」ってどんなワイナリー?

ヴィーニャ・エラスリスの設立は1870年と、とても長い歴史を持っています。

アコンカグア地方という産地にブドウ畑とワイナリーを持っており、このエリアはヴィーニャ・エラスリスの畑でほぼ占められていると言われています。

設立したのはドン・マキシミアーノ・エラスリスという人物。
この人はブドウ畑の環境を何よりも重視し、ワインの質にこだわったことでも知られています。

その結果、ミシュランの星を持っている一流レストランに認められ、高級レストランのワインリストにも名を連ねるようになりました。

2004年には、数々の超有名ワインよりも高い評価を受け、世界一の称号を手にしました。

このとき参加したのはヴィーニャ・エラスリスのほか、ラトゥールやマルゴーなど、ヨーロッパの一流ワイナリーたち。

ワイナリーや銘柄を隠してテイスティングした結果、ワイン評論家たちがヴィーニャ・エラスリスを選んだわけですから、その実力は疑う余地がありません。

「ヴィーニャ・エラスリス」が手掛けるチリワインについて

世界を驚かせたヴィーニャ・エラスリスですが、その中でも安くて味の良い銘柄を紹介します。
・マックス・レゼルヴァ・ピノ・ノワール
・アコンカグア・コースタ・ソーヴィニヨン・ブラン

どちらもヴィーニャ・エラスリスの中ではかなりリーズナブルなワインとなっています。

マックス・レゼルヴァ・ピノ・ノワール

ピノ・ノワールだけで作られた赤ワインです。
ピノ・ノワールは比較的色の薄いブドウですが、マックス・レゼルヴァ・ピノ・ノワールは、とても濃い色を持っています。

味わいはバラのような気品溢れる香りに、チェリーのような甘酸っぱさも合わさり、とても上品さを感じさせてくれます。

そこに土の香りも加わることで、非常に複雑なアロマを楽しむことができるでしょう。

香りは複雑ですが、味わいは比較的シンプルです。
口当たりも優しいですし、わずかにスパイシーな味わいやスモーキーな風味は感じるものの、とても飲みやすく仕上げられています。

赤ワインを飲み始めたばかりの人でも美味しさが実感できるでしょう。

2,500円前後の価格帯となっています。
ヴィーニャ・エラスリスのワインの中ではかなり安い方ですし、この質の良さを考えれば納得できるでしょう。

アコンカグア・コースタ・ソーヴィニヨン・ブラン

ソーヴィニヨン・ブランのみで作られているので、単一品種の白ワインを探している人にもおすすめできる一本となっています。

特徴は、柑橘系フルーツのスッキリとした香りと、ハーブのようなサッパリとした香りの共演です。
香れば香るほど病みつきになる匂いを、このワインは持っています。

口に含むと、酸味を感じるでしょう。
そこにちょっとした塩気が加わり、酸味を穏やかにしてくれます。

口当たりは滑らかながら濃密で、確かな余韻が残るところも、このワインの魅力です。

価格は3,500〜4,000円ほど。
ワイン初心者にとっては高めと感じるかもしれませんが、これもヴィーニャ・エラスリスのワインの中では低価格帯。

それだけ質が高いということです。

「ヴィーニャ・エラスリス」のまとめ

  • 150年ほどの歴史を持つヴィーニャ・エラスリスはアコンカグア地方を代表するワイナリー
  • 複雑な香りと味が楽しめるマックス・レゼルヴァ・ピノ・ノワールは納得感が得られる赤ワイン
  • 高級感のあるアコンカグア・コースタ・ソーヴィニヨン・ブランは贅沢な口当たりが魅力

チリ最北の乾燥地域でワインを造るワイナリー「ヴィーニャ・タバリ」

「ヴィーニャ・タバリ」ってどんなワイナリー?

ヴィーニャ・タバリは2003年に設立されたワイナリーですが、実際に動き出したのは1993年からとのこと。

10年をかけてブドウ畑を開拓し、チリ北部でトップクラスのワインを生産することを目指して設立されたそうです。

ヴィーニャ・タバリはコキンボ地方の中のリマリバレーというところにブドウ畑を構えています。

ブドウ畑は180ヘクタールほど。
大手のワイナリーと比べると小さめですが、こだわりのあるブドウ栽培を行うことを考えると、適度な大きさなのかもしれません。

このあたりには歴史的な遺産も存在し、大昔の住人が宗教的な儀式を行っていた地とも言われているそうです。

ヴィーニャ・タバリはこの地のスピリチュアルなパワーを信じているようで、その力も借りて美味しいワインを作ろうとしているとのこと。

もちろん味も素晴らしく、ワインの質には定評があります。
ワインの販売を開始した直後から次々と賞を獲得。
初年度で30もの賞を獲得したということですから、ワインの品質は本物です。

「ヴィーニャ・タバリ」が手掛けるチリワインについて

ヴィーニャ・タバリのワインの中から、赤ワインと白ワインを1本ずつご紹介します。
・タバリ”ペトレゴゾ”グランレゼルバ・カベルネ・ソーヴィニヨン
・タバリ”ペトレゴゾ”グランレゼルバ・シャルドネ

どちらも珍しいブドウ品種を使っているわけではありませんが、チリ独特の味わいが感じられるはずです。

タバリ”ペトレゴゾ”グランレゼルバ・カベルネ・ソーヴィニヨン

カベルネ・ソーヴィニヨンのみを使った赤ワインです。
フルボディの濃厚なワインとなっており、完熟した果実の味わいがしっかりと感じられます。

ブラックペッパーのようなスパイシーな味わいも見せつつ、香りにはバニラのような甘さも含まれているので、複雑な風味が楽しめるはず。

重みは感じるものの、非常に上品です。
滑らかさもありますから、ワイン初心者でも飲みづらさは感じないでしょう。

価格も1,500円前後と、とてもお手頃です。
質を考えたら、かなりお買い得と言ってもいいかもしれません。

タバリ”ペトレゴゾ”グランレゼルバ・シャルドネ

こちらはシャルドネを使用した白ワイン。
やはり単一品種のワインなので、混じりっ気が無く、シャルドネの風味を存分に楽しむことができます。

熟成はステンレスタンクですが、だからこそ雑味がなく、スッキリと爽やかな香りが楽しめます。
とても新鮮でフレッシュな味わいが魅力的。
辛口ではありますが、フルーツの甘みも感じ取ることができるでしょう。

そこにひょこっと顔を出すのが塩気です。
余韻にほのかに残る程度ですが、この塩気がワインの味を引き締めてくれています。

非常に軽い口当たりのこの白ワインは、1,500円前後で販売されています。
色味も美しいので、目でも楽しめる一本となるでしょう。

「ヴィーニャ・タバリ」のまとめ

  • チリ最北端のワイン産地であるコキンボ地方で2003年に誕生したヴィーニャ・タバリ
  • 単一品種ながら複雑で上品な味わいが特徴のタバリ”ペトレゴゾ”グランレゼルバ・カベルネ・ソーヴィニヨン
  • 爽やかでほのかな塩気が楽しめるタバリ”ペトレゴゾ”グランレゼルバ・シャルドネも代表的なワイン銘柄の一つ

超有名チリワインを多く手掛けるワイナリー「コンチャ・イ・トロ」

「コンチャ・イ・トロ」ってどんなワイナリー?

チリワインの中で最も大きく最も有名なワイナリーを挙げるなら、なんと言ってもコンチャ・イ・トロでしょう。

コンチャ・イ・トロは1883年に設立されたワイナリーで、創立者はスペインの貴族一族であるメルチョル・コンチャ・イ・トロという人物。

フランスのボルドーから各種ブドウの苗木を輸入し、セントラル・バレー地方のマイポバレーという場所にブドウ畑をこしらえました。

コンチャ・イ・トロの最大の特徴は、その規模の大きさです。

このワイナリーの持つブドウ畑はすでに10,000ヘクタールを超えており、今なお拡大中。
売上高も1,000億円オーバーで、ワインの生産量は3,000万ケースを超えるそうです。

ちなみにブドウ畑の面積は、チリ国内だけではなく世界で見てもNo.1。
生産量も世界第3位ですから、その規模の大きさがよくわかるでしょう。

質より量で勝負しているわけではなく、ワインの質でも高い評価を獲得。
高級路線のワインブランドも生み出しており、評論家やワイン好きからも賛美されています。

「コンチャ・イ・トロ」が手掛けるチリワインについて

画像引用元:https://www.kirin.co.jp/products/wine/cyt/

コンチャ・イ・トロにはいくつかのブランドがありますが、その中でチェックしておくべき2つの銘柄を紹介します。
・フロンテラ・カベルネ・ソーヴィニヨン
・サンライズ カベルネ・ソーヴィニヨン

世界的に有名で、コンチャ・イ・トロの中でも売れ筋のワインです。

フロンテラ カベルネ・ソーヴィニヨン

フロンテラ・カベルネ・ソーヴィニヨンは、その名の通りカベルネ・ソーヴィニヨンをふんだんに使用した赤ワインです。

このフロンテラというブランドは、世界で最も売れているチリワインと言われているほど。

その中でもフロンテラ カベルネ・ソーヴィニヨンは定番の一本なので、このワインを飲まずしてチリワインを語ることはできないでしょう。

プラムのような、酸味と甘みのバランスのとれた香りが特徴的です。
ドライフルーツのような甘い香りも漂い、チョコレートの風味も感じさせてくれます。

タンニンもしっかりとあるので、物足りなさは感じないでしょう。

フロンテラ カベルネ・ソーヴィニヨンの最大の特徴は、500円前後で購入できるという圧倒的なコストパフォーマンスです。

サンライズ カベルネ・ソーヴィニヨン

サンライズ カベルネ・ソーヴィニヨンの原料となっているブドウは、コンチャ・イ・トロの畑の中でもとりわけ太陽の光を浴びています。

年間300日程度太陽の光が当たった畑で育ったブドウのみを使って作られている、こだわりの赤ワインなんです。

とてもフルーティーですが、若々しさも感じられます。
甘味はとても落ち着いていて、適度な重みもあり、いろんな表情を見せてくれる赤ワインとなっています。

価格は1,000円ほど。
スーパーなどでも見かけられる赤ワインなので、とても手が出しやすいはずです。

「コンチャ・イ・トロ」のまとめ

  • 世界で最も広いブドウ畑を持つコンチャ・イ・トロはチリを代表する巨大ワイナリー
  • 生産量や売上高も世界トップレベルで、品質の高いワインを作っていることでも有名
  • フロンテラ カベルネ・ソーヴィニヨンは世界で最も売れているチリの赤ワイン
  • 低価格で手に入れやすいサンライズ カベルネ・ソーヴィニヨンは味も抜群