カテゴリー: チリワインの生産地の特徴

南米最高峰の山がそびえるチリワインの理想郷「アコンカグア地方」

アコンカグア地方のテロワール

アコンカグア地方は、チリ全体の中程に位置し、チリワイン発祥の地と言われるセントラル・バレーのすぐ北側にあるワイン産地です。

バルパライソ州のサン・フェリペ・デ・アコンカグア県あたりのエリアで、最大の特徴は標高約7,000メートルにものぼるアコンカグアと呼ばれる山の麓にある点です。

その反対側には太平洋があり、そちらの影響も受ける形でブドウ畑が広がっています。

ワインの世界ではブドウの良し悪しを決定づける環境のことを“テロワール”と表現しますが、アコンカグア地方は海と山の恩恵を受け、見事なテロワールを持つエリアとなっています。

特に海から流れ込む冷たい空気が、このエリア全体の温度を低く抑えてくれています。

標高の高い山からも冷たい空気が入ってくることで濃霧が発生。
これが余分な日射を防いでくれるため、ブドウが劣化しにくく実がよく育つわけです。

この地方は雨があまり降りません。
霧こそ発生するものの、全体的にはちょっとした砂漠地帯になっていると言ってもいいでしょう。

そのため必要に応じて人為的に水分が供給されますが、これはつまりブドウに最適な水分量を調整できるということでもあります。

やはりブドウの生育にとっては非常に良い環境であると言えそうですね。

アコンカグア地方で生産されているぶどうの品種

アコンカグア地方は、チリの中でも良質なワインを作ることで知られています。
そんな素晴らしいワインを生み出しているブドウ品種をいくつか並べてみましょう。
・カベルネ・ソーヴィニヨン
・シラー
・カルメネール
・メルロー
・ピノ・ノワール

このあたりがアコンカグア地方で多く栽培されている黒ブドウ品種です。
渋みの強い重めの品種から、軽めの味や香りが楽しめる品種まで、幅広く栽培されています。

これはアコンカグア地方のテロワールが、そもそもブドウ栽培に適しているからでしょう。

・シャルドネ
・ソーヴィニヨン・ブラン

アコンカグア地方では、白ブドウに関しては定番中の定番である上の2品種が多く栽培されています。

どんな地域や環境でも育ちやすい品種に栽培が集中していることがわかります。

アコンカグア地方の主な生産地の特徴

画像引用元:https://diamond.jp/articles/-/157820

アコンカグア地方は、気候的な特徴やワインの種類などから、主に3つのエリアに分類することが可能です。
それぞれのエリアの特徴をチェックしてみましょう。

アコンカグア バレー

アコンカグア バレーはアコンカグア地方の中でも最も北側にあるワイン産地です。
すぐそばにはアコンカグア川が流れており、このあたり一帯は半砂漠地帯となっています。

雨はほとんど降りません。
多い年では年間で300日ほどが晴れの日となる地域で、雲が出ることすら珍しいと言われています。

そのためしっかりと太陽が降り注ぎ、ブドウにたくさんの栄養を与えてくれます。

ただ、山、川、海の影響を受けるため、暖かい時期でも気温はそこまで高くはなりません。
平均気温は14度ほどとのこと。
特に夜は気温が下がるため、この寒暖差によって味などが凝縮したブドウが育ちます。

アコンカグア地方の中でも、とりわけブドウ栽培のために最適なテロワールを持つエリアと言えるでしょう。

カサブランカ バレー

カサブランカ バレーはアコンカグア バレーとは少々異なり、山からの影響をあまり受けなくなります。
標高もあまり高くはありません。

その代わり、この地一帯には河口から冷たい空気が流れ込み、また、霧も適度に発生。
アコンカグア地方の中でも特に気温が上がりにくく、冷涼な環境を保ちやすいテロワールとなっています。

基本は砂質の花崗岩質の土壌ではありますが、サラサラというよりも少々泥っぽさを持っているところもカサブランカ バレーの特徴です。

こうしたテロワールから、この地では特に白ブドウが多く栽培されています。

ただ、カサブランカ バレーの中でも少しずつテロワールが異なるエリアがあることが最近注目を浴びてきているそうです。
土壌にもエリア差があり、それらに合わせたブドウ品種の選択と栽培も進められているところです。

サンアントニオ バレー

サンアントニオ バレーは、比較的こじんまりとしたワイン産地となっています。

テロワールは、カサブランカ バレーと酷似。
海などから冷たい空気が吹いてきており、霧もよく発生する環境となっています。

日照量は多いものの海風や霧の影響で気温はあまり上がることがなく、日中は適度な温度を保ちつつも、夜はぐっと冷え込んでブドウに好影響を与える寒暖差を生み出します。

ブドウ畑があるのは丘陵地で、土壌は粘土質を含む花崗岩。
水はけがとてもいいものの、雨が降らないので人為的に水を供給する必要があります。

カサブランカ バレーとテロワールが似ていることもあり、白ブドウの栽培が非常に盛んで、白ワインの一大産地となっています。

チリワインの産地『アコンカグア地方』まとめ

  • アコンカグア地方は太平洋やアコンカグア山からの影響を受け、テロワールは冷たい空気と少ない降雨量が最大の特徴
  • 黒ブドウ品種は多種多様なものが栽培され、白ブドウ品種はどのような環境でも育ちやすいものが多いアコンカグア地方
  • アコンカグア バレーは半砂漠地帯で降雨量は少なく晴れの日が多いものの、気温は上がりにくいためブドウの栽培には最適
  • 太平洋と河口からの冷たい空気により霧が発生することで白ブドウに最適なテロワールとなっているカサブランカ バレー
  • 冷涼な日中と寒暖差の激しい気候で、土壌も質の高い花崗岩を持っているサンアントニオ バレーは白ワインの生産が盛ん

管理人

アコンカグア地方で生産されるチリワインを通販サイトで安く購入してみませんか?

その他のチリワインの生産地の特徴を読む

チリワイン産地「コキンボ地方」の特徴

チリワイン産地「セントラル・バレー地方」の特徴

チリワイン産地「サウスバレー」の特徴

主要なチリワイン産地の中で最北に位置する「コキンボ地方」の特徴

コキンボ地方のテロワール

コキンボ地方は、チリの中でも最北端に位置しているワインの産地です。

ワインの原料であるブドウの栽培に必要な環境を“テロワール”と表現しますが、コキンボ地方のテロワールは、南の方のエリアとはまた少し違った特色を持っています。

西側にある太平洋の影響と、東側にあるアンデス山脈の影響を受ける点は、他のワイン産地と大差はありません。
しかし、コキンボ地方は雨の量が他のエリアと比べてもとても少ないのです。

チリ国内の主要なワイン産地は、冬に雨がしっかりと降ります。
コキンボ地方は冬でも降雨量は増えず、一年中カラッと乾燥しています。

また、中には標高1,000メートル以上のところにブドウ畑があるエリアもあります。
高いところでは標高2,000メートル程度にもなるため、そのような地域では特に太陽の光もしっかりと確保することが可能です。

日照量は申し分ありませんが、標高の高さや海風の影響を強く受けることなどもあり、全体的に低めの気温を維持することが可能です。

特に夜はしっかりと冷え込むため、昼間との気温差により味も香りも詰まったブドウが出来上がります。
さらに、雨の量が少ないことや標高が高いことなどが影響し、病気や害虫などからの被害を受けにくい環境にもなっています。

樹齢100年を超えるブドウの樹も生えているそうで、ここからも樹が長持ちするテロワールが整っていることがうかがえます。

コキンボ地方で生産されているぶどうの品種

ブドウ栽培に適したテロワールを持つコキンボ地方では、どのようなブドウ品種が多く植えられているのでしょうか。

・カベルネ・ソーヴィニヨン
・シラー
・カルメネール
・メルロー
・サンジョベーゼ

コキンボ地方で栽培されている主な黒ブドウ品種を挙げてみました。

これといった共通点はありませんが、カベルネ・ソーヴィニヨンやサンジョベーゼ、シラーなど、上手に育つ土地を選ぶ品種や、テロワールによって味や香りが大きく変化する品種が多い傾向は見られます。

・シャルドネ
・ソーヴィニヨン・ブラン
・トロンテス

コキンボ地方で人気の白ブドウ品種はこのあたりでしょう。
フランス産の品種もあればアルゼンチン産の品種もあったりと様々。

海外から持ち込まれたもの、栽培できそうなものを積極的に取り入れているということがうかがえます。

コキンボ地方の主な生産地の特徴

画像引用元:https://diamond.jp/articles/-/157820

チリの各ワイン産地がそうであるように、コキンボ地方も複数のワイン産地に分類することができます。
コキンボ地方を3つに分け、それぞれの特徴をチェックしてみましょう。

エルキバレー

コキンボ地方の中でも最も北側に位置しているのがエルキバレーです。
夏だけではなく冬も雨がほとんど降りません。そのため、ブドウに必要な水分は灌漑によって確保します。

灌漑というのは、人の手によってブドウ畑に水を取り入れる手法です。

設備費は多少かかってしまいますが、これがなければ水が足らず、高品質のブドウが育ちません。

また、エルキバレーのブドウ畑の中には標高1,000メートル以上のところにある畑もあり、畑によっては2,000メートルも超えてきます。

降雨量や標高などからはブドウには少し厳しいテロワールのようにも感じますが、十分な日照量と綺麗な空気があり、害虫や病害などの被害を受けにくい環境になっているため、灌漑さえ行えばブドウにとっては都合がいいのかもしれません。

こうしたテロワールから、樹齢の長いブドウの樹がしっかりと守られ続けているところもエルキバレーの特徴です。

リマリバレー

リマリバレーも雨の量は一年を通じて少ない気候となっています。
いわゆる半砂漠状態で、ブドウ栽培には灌漑を欠かすことができません。

質の高いブドウが育つためにとても重要な要素となる気温差。

昼間と夜間の気温の差が大きい地域は、美味しくて、ワインにした時に味がしっかりと染み出すブドウが育ちます。

リマリバレーはこの気温差がチリの中でも特に大きくなっています。

朝は気温が下がり霧が発生。
昼間は太陽の影響で気温が上がり、夜になると日が落ちるとともに太平洋から冷たい風も吹き込むので、気温が一気に下がります。

昼間と夜の気温差は20度になることもあるそうです。

チョアパバレー

チョアパバレーには、ブドウ畑こそあるものの、本格的にワインを作るような生産者はいないようです。

テロワールとしては、岩石主体の土壌で水が溜まりにくいという特徴があります。
雨の量も少なめで、海側からも山脈側からも冷たい風が吹き込む地形となっています。

昼間はそこそこ気温が上がるものの、夜は海と山からの風で気温が低下し、大きな気温差を生み出します。

エルキバレーやリマリバレーと比べても、そこまで大きな差はありません。

似通ったテロワールを持っているので、今後はワイナリーも誕生し、ブドウ畑も増えていくでしょう。

チリワインの産地『コキンボ地方』まとめ

  • コキンボ地方は昼夜の寒暖差が大きく雨があまり降らないため灌漑が必要な地域が多い
  • テロワールに出来を左右されるブドウ品種が多く栽培されているのもコキンボ地方の特徴の一つ
  • コキンボ地方は、エルキバレー、リマリバレー、チョアパバレーの3つのエリアに分類することができる
  • エルキバレーは降雨量が少なく標高が非常に高いところにブドウ畑がある
  • 日照量と風の影響で1日の気温差が20度になることもあるリマリバレー
  • チョアパバレーはエルキバレーやリマリバレーと似たような環境を持つが、ワイン畑の数が限られている

管理人

コキンボ地方で生産されるチリワインを通販サイトで安く購入してみませんか?

その他のチリワインの生産地の特徴を読む

チリワイン産地「アコンカグア地方」の特徴

チリワイン産地「セントラル・バレー地方」の特徴

チリワイン産地「サウスバレー」の特徴

チリワインの生産地として今大注目のチリ南部「サウス・バレー地方」

サウス・バレー地方のテロワール

細長いチリの国の中で、最も南に位置するワイン産地がサウス・バレー地方です。

チリは半砂漠地帯のエリアも多く、そのような土地では降雨量も少ないため人為的にブドウ畑に対して水の供給が行われます。

ブドウ栽培に関わる環境のことを意味するテロワールに関しては、乾燥しており水はけの良い土壌というのは悪いことではありません。しかし、人為的な水の供給は手間も費用もかかってしまいます。

サウス・バレー地方の特徴は、この人為的な水の供給がほとんど必要ないほど雨が降るところでしょう。
とは言っても地域差はあり、その雨量は適度なものなので、大雨によってブドウ畑が壊滅的な打撃を受けることはありません。

気温はチリの他の地方と同様であまり上がらず寒冷地帯となってはいるものの、セントラル・バレー地方と比べると特に夏の気温は高めの傾向があります
。また、霧も発生しやすくなっています。

砂質と粘土質のバランスの取れた土壌も特徴で、降った雨を程よく吸収。
しかし、水はけの良さも持っているため、ブドウにとっては非常に良いテロワールと言えるでしょう。

サウス・バレー地方で生産されているぶどうの品種

サウス・バレー地方はセントラル・バレー地方と比較すると、ブドウの収穫量やワインの生産量は少なめです。
そんなサウス・バレー地方で栽培されているブドウの品種を見てみましょう。
・パイス
・カベルネ・ソーヴィニヨン
・ピノ・ノワール
・メルロー

以上が、この地方で主に作られている黒ブドウの品種です。

スペインから持ち込まれたパイス品種、フランス原産であるカベルネ・ソーヴィニヨンやピノ・ノワール、そしてメルローなど、他国から持ち込まれたブドウ品種をこの地では丁寧に育て、主に国内向けのワインを製造しています。

・リースリング
・ゲヴェルツ・トラミネール
・シャルドネ

サウス・バレー地方で主に栽培されている白ブドウの品種がこれらです。

リースリングはドイツが原産、ゲヴェルツ・トラミネールはイタリアに起源を持つ品種と言われています。

やはりこの地方では様々な国のブドウ品種を栽培していますね。
多様性のある地方であることがわかります。

サウス・バレー地方の主な生産地の特徴

画像引用元:https://diamond.jp/articles/-/157820

サウス・バレー地方は3つのエリアに分類され、それぞれで少しずつ特徴が異なってきます。
テロワールを中心にどのような特徴を持っているのか見てみましょう。

イタタバレー

イタタバレーは、1550年代からブドウの栽培が行われていたそうです。
それを可能にしたのが、このエリアのテロワール。

ブドウの栽培に大きな影響をあたえる太陽の光は十分に降り注ぎ、ブドウの樹が健康に育つ環境が整っています。

夏はそこまで雨は降りませんが、そのぶん冬に雨が降ります。
冬の雨が土壌に水気を適度に与え、ブドウの栽培や収穫が主に行われる夏や秋にかけて必要な水分を保ってくれるので、人の手で水を与え続ける必要はほとんどありません。

水はけの良い砂質の土壌であるものの、その中に粘土質の土壌も混ざっており、これもブドウにとって適切な水分量を確保できている理由でしょう。

イタタバレーはサウス・バレーの中では北側に位置してはいますが、セントラル・バレーなどと比べると気温が下がりにくく適度な温度を保つことが可能です。

寒くなりすぎないため、ブドウの育ちがとても良いそうです。

マジェコバレー

チリのワイン生産地の中で最も南側にあるのがマジェコバレーです。
太平洋からダイレクトに海風が流れ込む地形が特徴的です。

ペルー海流と呼ばれる空気を冷やす海流が流れており、その影響でマジェコバレー一体も気温が下がりやすくなっています。

この海流によって海水の蒸発も抑えられます。
つまり雲があまりできずに、雨が降らないということですね。

雲によって太陽が遮られることもないので、気温はあまり上がりませんが日照量は十分に確保することが可能です。

雨も降らず雲も生じないため、夜になると気温がかなり下がります。
昼間と夜の気温差でブドウの風味が凝縮され、非常にしっかりとした濃厚な味わいのブドウが育つのです。

土壌はイタタバレーと似ていて、砂質で水はけがよく、粘土質も混じり合っているので水分量を適度に保つことができます。

ビオビオバレー

ビオビオバレーはサウス・バレー地方の中央に位置するワイン産地です。
全体的に寒冷であることは他のエリアと変わりませんが、季節によって気候に大きな差がある点が特徴的です。

特に、冬の雨が非常に多いエリアとなっています。
夏は冬に降った雨を土壌が蓄えて、それをブドウの樹に供給。

ブドウにとって十分な水分量を与えつつも、余計な水分を貯めない赤粘土の土壌もビオビオバレーの特徴の一つです。

気温の変化や風の吹き方なども含め夏と冬の気候変動が顕著なため、これもブドウに良い影響を与えているようです。

また、一日の中でも日が暮れるあたりから発生する霧の影響で温度の低下が促され、非常に実の締まったブドウを作り出します。

チリワインの産地『サウス・バレー地方』まとめ

  • サウス・バレー地方は寒冷で適度な雨が降るなど、ブドウ栽培には申し分ないテロワールを持つエリア
  • 多種多様なブドウ品種が栽培されているのがサウス・バレー地方の特徴
  • イタタバレーは過度に気温が下がりにくく、元気の良いブドウが育つテロワールを持つ
  • ペルー海流の影響を受け、十分な日照量と少ない雨量、昼夜の寒暖差により凝縮したブドウが育つマジェコバレー
  • 夏と冬の気候の差が激しく締まりの良いブドウが栽培されているビオビオバレー

管理人

サウス・バレー地方で生産されるチリワインを通販サイトで安く購入してみませんか?

その他のチリワインの生産地の特徴を読む

チリワイン産地「コキンボ地方」の特徴

チリワイン産地「アコンカグア地方」の特徴

チリワイン産地「セントラル・バレー地方」の特徴

チリワイン造りに最も恵まれた土地「セントラル・バレー地方」の特徴

セントラル・バレー地方のテロワール

チリの中央部に位置しているのがセントラル・バレーと呼ばれるエリアです。
太平洋とアンデス山脈に挟まれており、非常に広い面積を占めています。

チリのブドウ栽培はこの地でスタートしたそうです。
ブドウ栽培にとって良い気候条件が整っていることも、その理由でしょう。

「テロワール」という言葉は聞いたことがありますか?

テロワールとは

ワインの味を大きく左右する、ブドウを栽培するのに関わる環境を指す言葉

気候条件が整っていると言いましたが、この気候もテロワールの一つということになります。

例えば、寒暖差。
盆地になっているので昼間は暖かいですが、夜は風の影響でとても気温が下がります。
これはブドウが美味しく育つための条件の一つなんです。

山が多いことから標高の高い場所にブドウ畑を作ることもしやすかったセントラル・バレー。
標高の高い場所は水はけの良い土壌のところが多く、これもブドウがよく育つために必要なテロワールの条件となります。

セントラル・バレー地方で生産されているぶどうの品種

セントラル・バレーで栽培されているブドウ品種を見てみましょう。
・カベルネ・ソーヴィニヨン
・マルベック
・メルロー
・パイス
・カリニャン
・シラー

以上が、黒ブドウ品種です。
フランスなどヨーロッパで栽培されている品種が多いですね。

フランスからワイン作りの技術やブドウ品種などが伝わったとあって、それが色濃く出ています。

・セミヨン
・ソーヴィニヨン・ブラン
・シュナン・ブラン
・シャルドネ

以上が、白ブドウ品種です。

やはりフランス産の定番の白ブドウ品種が多く栽培されています。
比較的爽やかで、さっぱりとした香り高い白ワインになる品種のブドウが多い傾向が見られますね。

セントラル・バレー地方の主な生産地の特徴

画像引用元:https://diamond.jp/articles/-/157820

南北に長いセントラル・バレー地方。
さらにワインの産地としていくつかのエリアに分類することができます。
各産地の特徴をチェックしてみましょう。

マウレ バレー

セントラル・バレーの最南端にある産地が「マウレ バレー」です。
チリ全体で見ても、最もワインを生産しているエリアとなっています。

冬にこそ雨がたくさん降りますが、ブドウの栽培から収穫時期にあたる夏には、あまり雨が降りません。
太陽の光が降り注ぎ乾燥するというテロワールを持っています。

これは美味しいブドウがたくさん育つために必要な環境と合致。
チリの半分の量のワインが作られているのも納得です。

マイポ バレー

セントラル・バレーの最北端に位置するのが「マイポ バレー」です。
フランスのワイン醸造家がブドウの樹を持ってきた地としても知られています。

このあたりはいわゆる地中海性気候で、暖かく過ごしやすい環境です。
雨の量もそこまで多くはないため、乾燥し、土壌の水はけもよくなっています。

良質なブドウが育つ条件は一通り揃っていると言えるでしょう。

クリコ バレー

クリコ バレーはマウレ バレーのすぐ上にあるエリアです。
雨は降りますが、マウレ バレーと同じように冬に集中します。

そのぶん夏は太陽が降り注ぐ日が多いため、やはりブドウの栽培や収穫にはとても良い影響を与える環境となっています。

クリコ バレーの東側は特にアンデス山脈があるおかげで冷たい風が通り抜け、気温が適度に抑えられます。
加えて石灰岩と火山岩の土壌に水分が過剰に残ることもないので、栄養価や味の凝縮した良質なブドウが育ちやすくなっています。

カチャポアル バレー

カチャポアル バレーというのは、ラペル バレーというエリアの中にあるワイン産地の一つで、北側に位置します。

海沿いの山とアンデス山脈の間にあり、いわゆる盆地の形状になっています。
そのため、昼間は温度が下がりにくいものの、山脈から冷たい空気が流れ込んでくるため、日が沈むと一気に冷え込みます。

この寒暖差は質の高いブドウが育つテロワールの条件の一つです。
乾燥しやすい気候もブドウの栽培に適しています。

カチャポアル バレーの中でも特に東寄りの地域は粘土質というよりも砂利質の土壌が目立ち、水分が溜まりにくい構造になっています。

この環境もブドウの味や香りに良い影響を与えてくれています。

コルチャグア バレー

コルチャグア バレーは、ラペル バレーの南側にあるワイン産地です。
すぐ北側にあるカチャポアル バレーと気候はとてもよく似ています。

昼と夜の気温差が大きく、芳醇な味と香りを持つブドウが育ちやすいテロワールとなっています。

しかし、カチャポアル バレーよりも海からの風が吹き込む地形になっているので、さらに気温が下がります。

非常によく肥えた栄養価の高い土壌があるのも、コルチャグア バレーの特徴ですね。
しかし、山の麓に行けば行くほど土壌が枯れていき、標高が高くなると乾いた土壌にブドウ畑が広がっています。

濃厚な味わいのブドウを作るためには乾いた土壌が必要なため、平野部から山へと近づくにつれ、ブドウの栽培に適したテロワールへと変化していきます。

ラペル バレー

カチャポアル バレーとコルチャグア バレーを合わせたエリア全体をラペル バレーと呼んでいます。

北部と南部で少々テロワールが異なるため分類されて語られることが多いですが、ラペル バレーが一つの重要なチリワイン生産地として捉えられることも多々あります。

北部も南部も昼間と夜間の気温差が激しく、ブドウにとっては素晴らしいテロワールを持っています。

チリワインの産地『セントラル・バレー地方』まとめ

  • チリワイン誕生の地とも言われ、良質なブドウが栽培されるテロワールが整っているセントラル・バレー地方
  • セントラル・バレーで栽培されるブドウはフランスの伝統的な品種が多い
  • セントラル・バレーの最南端にありチリ最大のワイン産地であるマウレ バレーは降雨量が少なめ
  • セントラル・バレーの最北端のマイポ バレーは暖かく乾燥しブドウ栽培に適した環境
  • クリコ バレーの夏は雨が少なく日照量が多いので旨味が凝縮したブドウが育ちやすい
  • カチャポアル バレーは昼夜の寒暖差が大きく良質なブドウが育つテロワールが整っている
  • 気温が上がりにくく丘陵地は土壌が乾いているコルチャグア バレーもブドウにとってはベストなテロワール
  • カチャポアル バレーとコルチャグア バレーを合わせてラペル バレーと呼んでいる

管理人

セントラル・バレーで生産されるチリワインを通販サイトで安く購入してみませんか?

その他のチリワインの生産地の特徴を読む

チリワイン産地「コキンボ地方」の特徴

チリワイン産地「アコンカグア地方」の特徴

チリワイン産地「サウスバレー」の特徴